賃貸マンションの差別化は、ズバリ、マンション管理の差といっても言いと思われます。
もっと言うと①現場にいる駐在管理員の対人折衝力と②トラブル時に出動する技術部隊の素早さによるところが大です。
むろん、建物の立っている場所とか、見てくれの印象とかというのは、ある意味大切な要素にはなりますが、それと同じくらいか、それ以上に これらの二つのことが
大切に成ってきます。
特に、昨今、景気が際立ってよいわけではないのに、新しい賃貸物件が都心部では増えています。
そうなると自然と退去率が上がってきます。
そうなるとし新規の賃貸者を獲得することと同じくらい、既に入居している賃貸者を継続することが大切に成ってきます。
実際に、言葉の通じない管理人さん、腰の重い管理人さんが沢山います。
また故障の連絡をしても見に来てくれるのが3日先、修理に来るのが1週間先という賃貸マンションが沢山あります。
こんな管理のまかり通るマンションでは 人はどんどん出て行きます。
逆に、相談を持ちかけたら、他の不具合の事まで佳奈が得てくれる管理人さんがいるとか、故障を上げたら、すぐに来てくれて、すぐに修理してくれるあるいはいつ修理するかをきちんと示してくれるとかだと、居心地が良いので 退去の数は抑えられます。
賃貸マンションは、人が入ってなんぼのものですから、オ-ナ-はマンション管理会社に使う金をケチることは、長い目でみるとあまり得策ではありません。詳しくはこちら