これから冬の寒さが本格的に厳しくなってくると、家の中を暖めるために電力を今以上に大量消費する事となりますから、少しでも電気料金の支払額を減らすために使えるアイデアは何でもフル活用していきたいものです。
なお私がつい最近まで知らなかった電気料金節約につながるアイデアの1つに、冷凍庫の中には出来るだけ沢山の物を詰め込んだ方が、冷やすために使う電力量を節約できるというのがあります。
我々多くの一般庶民の感覚としては、冷蔵庫に沢山物を詰め込み過ぎると電気代が高くなってしまうというイメージが非常に強いですから、当然冷蔵庫でも同じなんだろうと物をあまり詰め込み過ぎずに使っておられるお宅が殆どだと思います。
しかし冷凍庫でカチカチに凍らされた物というのは、もうそれ自体が保冷材の役割を果たしてくれるので、それが沢山あった方が電力に頼らなくても庫内が十分冷えた状態になりやすい、という訳です。
例えるならクーラーボックスの中を十分冷やしたいのであれば、少量の氷よりも沢山の氷を入れた方がよく冷えるのと、全く同じです。
我が家もコレを知るまでは、あまり詰め込むと冷やすための電気代がかかるからと冷凍庫は常にスペースに余裕を持たせていましたが、空間があると逆に電気代がかかると分かってからは買い足ししてでもギチギチの状態をキープするようにしています。