風邪の時などにお母さんに切ってもらったリンゴが少ししょっぱかったり酸っぱかったりしたのは、切った断面が変色しないように塩やレモン汁などを水に溶かした物に漬けていたのです。
野菜や果物の切り口が空気に触れると酸化してしまい色が変わってしまうのを防ぐためには、多少の味の変化は仕方が無いと思われていたのですが、トレハロースを上手に使用する事で色が変わるのを防ぐ事が出来る事がわかってきています。

リンゴだけでなくモモやアボカドなどの変色しやすい物にも効果的です。
誕生日パーティなどのカットフルーツなどの時にトレハロースを水に溶かした物に漬けてみたり、本体を軽くまぶすなどするだけで、美味しそうな断面を保護する事ができます。
また、カットフルーツや野菜などのそのままの状態を切った物だけでなく、料理などにも使う事ができ、冷めても美味しい状態を維持する事が出来たり、温かい料理に盛り付けた香草などの野菜の変色なども防ぐ事ができます。