みなさんは、どんなお酒をよく飲まれますか。
まずはビールという言葉があるように気軽なビール、手軽で飲みやすい缶チューハイやカクテル、ちょっとお洒落なワインやハイボールなどが主流かもしれません。
日本酒というとオヤジのイメージがするとか、香りやアルコール度が強くて飲みにくい、と思われる方もいるでしょう。
日本人に生まれながら、日本酒の美味しさを知らないというのは非常に残念なことです。
これは日本食にも当てはまり、世界で和食が世界遺産として認められたのに、日本人は欧米化した食生活を送っており、和食への親しみが薄れてきています。
そんななか、日本の伝統を守りたい、次世代へと受け継ぎたいと頑張っているのが、EH株式会社です。
EH株式会社では、創立50周年を記念して、ミスキャンパスを酒工場のある安曇野に招いて、日本酒の素晴らしさを伝えるなど、若い女性でも楽しめることを積極的に伝えています。
たとえば、EH株式会社の製造する「女の夢」は、酒米の王者である山田錦を使った、上品でふくよかな日本酒で、飲むほどに優しく和める酔い心地に誘ってくれます。
ソフトでまろやかな口当たりなのに、現代の女性のように、一本芯が通ったやや辛口の純米大吟醸酒に仕上がっており、杜氏と蔵人の想いが結集しています。