初めて知りましたが、」日本在住でもエッグドナー、卵子ドナーになることはできるそうです。
近年、ストレスが原因での早期閉経や卵巣ガンで卵巣を摘出された方など様々な理由で、子供ができない方がいらっしゃいます。
そんな、子供が欲しいのに出来ない方に卵子を提供するのがエッグドナーです。
夫婦以外の第三者が提供した卵子は、旦那さんの精子と体外受精させ、奥さんの子宮に定着させるます。
依頼者である奥さん自身が妊娠、出産することができる、この最新技術は凄いもので、卵子提供は成功率が高い治療なのです。
ドナーになっても、あなた自身は、出産に関わることはありません。
しかし、子供を望む夫婦にとってあなたは大きなプレゼントをくれるとても素敵なサンタさんでしょう。
ここで、卵子ドナーになれる人はどんな人なのかを紹介します。
まず、年齢は20~30歳で健康な人で日本国籍がなくてはいけません。
また、卵子ドナーとして責任をもってプログラムに参加できなくてはエッグドナーにはなれません。
二週間位、タイに滞在しなくてはいけないからです。
後、遺伝性疾患や性病などの感染症がない人。
そして、精神安定剤を服用していない、タバコは吸わない。
もちろん、薬物やアルコール依存性じゃない人でなくてはいけません。
過去に1人でも子供を妊娠または出産された人は歓迎されるそうです。
色々条件はありますが、もしも当てはまる方は、登録してください。
また、感謝の気持ちとして、50万~80万円の謝礼をしていただけます。