これまでは企業の工場・レジャー施設、病院等の大きな電力を必要とする施設には、電力の自由化はなされていました。
しかしながらが、ごくごく普通の一般家庭にまで電力自由化が施行されるというのは画期的な事と言えるでしょう。
何故なら都市ガスを利用している場合には、日本の何処に住んでいるかによって決定される為に、外国の電力会社の様に選択する事が出来なかった為です。
さて、2016年4月から始まる一般家庭向け等の電力会社の選定をする必要があり、テレビコマーシャルでも携帯電話キャリアや都市ガス会社、又は石油関連会社等が選択を促す様な映像を良く見るようになりました。
しかし、実際に選択が可能な電力会社はテレビコマーシャル等で知られている企業だけでは無く、非常に多くの企業が参入しています。
ですから、余りにも多くの選択肢がある為、余程の識者で無ければ速やかな決断は出来ないかも知れません。
ビジネス系雑誌等には、電力自由化の特集が組まれており参考にはなりますが、書籍という性格上、最新情報を得る為には当該の雑誌を読むだけでは、適切な選択を誤る事が考えられます。
勿論、その様な書籍は参考にならないという訳では無いので、良書であれば役立つでしょう。
しかし、鮮度の高い情報を得るには、インターネットと組み合わせて、利用するというのが賢明な方法と言えます。