動画の編集作業には、非常に沢山の時間がかかってしまいます。
特に再生中に動画がカクついてしまったり、フリーズを起こしてしまうようなトラブルが多発している時には、いつ終わるか見当もつかなくなってしまいます。
また、動画の一部分にエフェクトをかけるような作業が追加で必要になる時には、より多くの時間と労力がかかるようになってしまいます。
そういった作業に欠かせないのがレンダリングになります。

このレンダリングとはどのような作業になるのかといいますと、動画のコーデックとシーケンスが一致しないためにコマ落ちしたり、エフェクトと動画の相性などによって再生できないような動画を滑らかに再生したり、細かく編集したために、書き出しに時間がかかるような動画を整えて書き出すスピードを上げるために行う作業の事です。

しかし、この作業自体が非常に時間がかかってしまう傾向がありますし、何よりハイスペックなパソコンが必要になってしまいます。
時間が惜しいという方や、ハイスペックなパソコンを用意することができないという方は、Render PoolなどのGPUベースのレンダリングサービスプロバイダーなどを利用するのがおすすめです。
GPUベースですので通常の100倍から1000倍の速度でレンダリングを完了することが可能になります。

GPUベースのレンダリングについて詳しくはコチラ