真っ白くキレイに整った歯並びの人を見ると、パッと目がいきます。
口元というのは目立たないように思えて、意外に人から見られている部分です。
歯並びが悪い、歯の色が汚いとコンプレックスをお持ちなら、審美歯科に相談してみてはいかがでしょうか。
歯並びが悪いなら矯正歯科と、イメージされるかもしれません。
もちろん、矯正が必要な場合は矯正歯科で子供はもちろん、大人でも歯並びを整えることは可能です。
ですが、審美歯科の場合、矯正しながら歯を白くしたり、矯正のように長い時間をかけなくても歯並びだけ整える方法など、多彩な選択肢が用意されています。
たとえば、矯正のように何年もかけて直すのではなく、数回の通院でキレイに整えたいという希望がある場合、口元から見える部分の歯だけ、表面を削って、美しい形に整えたラミネートべニアを張って見た目をよくすることが可能です。
根本からの歯並び治療が必要なケースは別として、時間をかけず、コストも抑えて見た目の良さを手に入れたいなら、こうした方法も選択できるのです。
また、本格的に歯並びを治す際も、透明のマウスピース型の矯正器具に寝ている間ホワイトニング剤を塗布することで、矯正しながら歯を白くしていくといった方法もあります。
審美歯科・ホワイトニングなら東京・武蔵野市の吉祥寺セントラルクリニック