本来ならば葬儀や告別式に参列し、最期のお別れを故人と生前の関わりがある者全てと行うべきです。
しかし、それぞれに生活があるので、どうしても参列できない理由も十分考えられます。
そんなやむをえない事情、どうしても参列できない事情がある時には、弔電を利用して、喪主や親族に対し、弔意を表しましょう。
弔電のマナー、注意点としてまず守りたいのは、葬儀や告別式の前日までに弔電が届くようにする事です。
葬儀や告別式に参列できないのですから、早く哀悼の意を表すこと、これを守る事により喪主や親族の方々に、どんなに悲しんでいるかを分かっていただけるからです。
また、その際の文章に使う言葉使いにも十分な注意を払いましょう。
これは忌み言葉というもので、「重ねて」や「たびたび」等は、不幸が重なる、繰り返されるという意味を連想させてしまうので、こうした言葉を避けつつ、悲しみの深さを文言にすべきです。
http://www.denpou.net/style_condolence.html