紫外線は太陽から降る注がれる光線のうちの一つで、人間の肌にシミを作原因になります。過度の紫外線を肌に浴びる事で皮膚は防衛反応が働き、皮膚の下でメラニンという物質が作られます。このメラニンは皮膚を黒くして紫外線をブロックしようとしますが、通常の肌のサイクルがある人であれば、皮膚の一番上部に持ち上げられて垢と一緒に剥がれ落ちていきます。しかし新陳代謝が滞っているとメラニン同士がくっ付いて濃い黒い塊となる為にしみとして形成されます。シミが一旦出来てしまうと、深部に残るのでなかなか完全に消える事はありません。時間が経てばシミは多少薄くなりますが、そうこうしている間にまた1年が経ち紫外線の強さガピークになる夏が訪れます。