昔は軽いカゼや擦り傷、切り傷などに効く軟膏など町の薬屋に買いに行ったものです。
今は開業医の傍には処方箋薬局が営業するのが当たり前になっていますが、昔は病院の中で薬も処方することが殆どで、薬を買いに行くのは薬屋だったのです。
近年は薬屋というイメージは薄れ、大型ドラッグ店に取って代わられました。
それによって町の薬屋が廃業に追い込まれたというのが真相かもしれません。
そのドラッグ店がスーパーを兼ねることも多くなり、スーパーに行ったついでに薬を購入するという気軽さが、薬を購入するという行為に付加されました。
また、コンビニでも薬が売られるようになるなど規制緩和が進んでいます。
もちろん、医薬品のネット販売は主流になりつつあります。
気軽に販売可能になった薬は薬事法によって縛りが掛けられ消費者を守っています。
その薬事法を知らずに医薬品の広告を打ったり、販売したりすることで法に抵触し多大の損害を被る事例が後を絶ちません。
そういうリスクを避けるために薬事法ドットコムがあります。
薬事法ドットコムは3つの柱を基に運営されています。
「広告表現チェック」、「行政指導対策」、「売上UP」という3本柱です。
広告表現や行政指導のリスクを限りなくゼロに近づけることで確実な売上UPに繋げて行く手法です。
様々なところで扱えるようになった医薬品の気軽さの落とし穴に落ちないように賢く薬事法ドットコムを利用して下さい。